スマートフォンのセキュリティとウィルス対策!

iPhoneやAndroid端末などのスマートフォンでは、様々なアプリを端末にインストールしますよね。 スマートフォンはPCを小型にしたようなもので、端末内には膨大な個人情報が詰まっています!
そのため、ウィルスの被害にあってしまうと大変なことになってしまう可能性もあります。

以前、ITニュースで 『新たな「Androidウイルス」出現、スマートフォンを乗っ取る』という記事もあったぐらいなので、ウィルスには十分注意を払いましょう!



スマートフォンのセキュリティの安全性について

Androidウィルスの出現により、スマートフォンのセキュリティも次第に強化されてきているようです! アップル社・グーグル社、共にスマートフォンのセキュリティ強化を全力を挙げて行っているので、iOSやAndroidなどのOSバージョンを最新のものにアップデートしておけば、ほぼ大丈夫です。

たとえ外部からウイルスがスマートフォン内に侵入したとしても、不正な動作を行う命令をOS側で拒否するようにアップデートされていれば、セキュリティの安全は保たれるというわけです。

iPhoneよりもAndroid端末の方が、アプリの審査が甘いため・・・ウィルスが潜んでいる危険性が高いです。大事な情報を盗まれないためにも、スマートフォン用のセキュリティアプリをインストールすることをオススメします☆


Android ウィルスの対策方法

1. OSを常に最新のものにアップデート
Android のOSを常に最新にしておくことで、最新の機能を使えるようになるだけでなく、セキュリティ対策も最新版となります。OSを最新にすることは、修正されていないセキュリティホールや脆弱性を利用する悪意ある攻撃への防御となるわけです。

2. ウィルス対策のセキュリティアプリの使用
スマートフォンはPCと同等の性能があり、個人情報の宝庫でもあるので、ウィルス対策はとっても重要となってきます。セキュリティ対策アプリを利用すれば、OSのアップデートで防ぎきれない最新のウイルス対策などが行えるだけでなく、端末を紛失した際にSMS経由でデータを消去するなどのセキュリティ対策も可能です。

3. クリック先やアプリ入手に注意を払う
重要な個人情報を提供させたりする詐欺から身を守るためには、機密情報を入力する前に「SSL通信」(個人情報を保護してくれる通信方法)されているかを確認しておくことが大切です!
また、アプリ入手の際も注意が必要です。とっても便利なアプリですが、ウィルスを含んだ危険なアプリも多数存在します。危険なアプリの入手を防ぐためにも、アプリの入手先が信頼できるかどうかを調べてからインストールすることを習慣にしましょう。

4. 各アプリのアクセス状況を確認する
アプリの中には、裏で端末のなかのユーザのデータや個人情報にアクセスして、それを第三者に送信してしまうものもあります。アプリ本来の機能ではない動きを確認する意味でも、各アプリの動作をチェックすることを習慣づけましょう。入手元やアプリの挙動に不安を感じたときは、絶対にインストールしないことです。

5. Wi-Fiの利用には要注意
無料で利用できる便利なWi-Fiネットワークですが、セキュリティが無防備なため多くの危険が潜んでいるのも確かです。オンラインショッピングやオンラインバンキングなどの商取引、個人情報にかかわる操作はWi-Fi経由では控えるようにしましょう!(※できるだけ使わないようにしましょう)
「オープンネットワーク」の説明と、使用時の注意事項!


iPhoneよりもAndroid端末の方が、アプリの審査が甘いため・・・ウィルスが潜んでいる危険性が高いです。大事な情報を盗まれないためにも、スマートフォン用のセキュリティアプリをインストールすることをオススメします☆


   ★「ドコモあんしんスキャン」

ドコモがセキュリティソフト大手McAfee(マカフィー)の協力を得て提供するアプリで、メディア、その他ファイル、アーカイブファイル、アプリなどをフルスキャンし、端末を保護してくれる。


   ★「Lookout Mobile Security」

Webと連動して、ウイルススキャン機能、バックアップ機能、そして携帯端末を紛失した時等に場所を教えてくれる端末発見機能を搭載!これさえあれば、ウィルス対策も安心です☆


   ★「ViRobot Mobile」

「ViRobot Mobile」は韓国の公官庁でもっとも実績のあるウィルス対策エンジン『ViRobot(PC版)』のAndroid版です!



このエントリーをはてなブックマークに追加