スマホGPSの位置情報がずれてしまう原因

スマートフォンでGPS機能を使用していると、大幅に位置がずれている場合があります!
確かにGPS精度は、最大で10メートル程度の誤差があると公言されており、
ある程度の誤差なら仕方がないのですが・・・
「何キロ違うの?、全く違う場所じゃん、役に立たない!」

なんてことはありませんか?

スマホ GPS ずれ 例えば、右図のように

「麻布十番の地下鉄の出口でGPSを起動」
しかし、表示された場所は全く違う場所??

ある程度の位置を知りたいなら良いのですが、
本当に道に迷ったときや、詳しい住所を探しているときには困ってしまいますよね!(;´Д`)


ここでは、
「どのようなときに、GPS位置情報がずれ易いか?」 について説明していきたいと思います。



スマホ「GPS機能」の測位方法

スマートフォンのGPS機能には、『ワイヤレスネットワーク(3G又はWi-Fi基地局)』経由と『GPS機能』の二つの測位方法があります。

ワイヤレスネットワーク
GPSからの電波を受けられない室内や地下でも位置を取得することが可能です。これは通話・通信に利用している基地局の位置情報(アクセスポイント)を利用することによって実現されています。

G P S 機 能    
GPS機能のみををONにした場合、GPS衛星から発信される電波を受信機で受けて現在位置を推定します。 これを単独で使用した場合、衛星や現在地のポイントによっては、ずれて表示する場合があります。(※特に屋内)



スマホGPSの位置情報がずれてしまう原因

1.屋内や室内では正確な測定が難しい
GPSは衛星からの電波受信により、現在位置を把握するという方法なので、空が遮断されている場所(屋内・地下など)ではそもそも正確な測定が難しいのです。したがって、屋内にいても窓際など、上空から電波を拾いやすい場所に移動すれば、正確な位置を表示し易いです。


2.高層ビルの間では恐ろしく不正確になる
GPSはその性質から、干渉物が沢山あると正確に表示されないケースがあります。特に都心部の高層ビルの谷間などでは、大きく位置がずれて表示されることがあります。これは衛星通信を使ってでのGPS機能のデメリットとも言えます。そんなときは、ワイヤレスネットワーク(Wi-Fi機能)をONにすることで・・・
案外解決しちゃいます!


3.GPS機能は100%正確には表示されない
GPSの精度は、最大で10メートル程度の誤差があると公言されています。これは、GPS機能を使う上で仕方のないことだと言えます。(さすがにヒドすぎるときもありますが・・・笑)


スマートフォンのGPS機能は、まだまだ完璧というには程遠いものがあります。
しかし、大変便利な機能であることは確かです!多少の誤差には目をつぶって、GPSを楽しもう♪



このエントリーをはてなブックマークに追加