スマートフォンの電池(バッテリー)を長持ちさせる方法

スマートフォンは便利の機能を多数備えていますが、
「バッテリーの減りが早い」
というのが弱点でもあります(;´Д`)! そこで、電池を長持ちさせるテクニックについて紹介したいと思います。




1.画面の明るさを暗めに設定する
スマートフォンでは、液晶画面が大きい機種、画面が明るいなどで電池の消耗が早くなってしまいます。画面は暗めに設定しておくことで、無駄な消耗を抑えることができます。

【設定】→【画面設定】→【バックライト設定】→【自動調整のチェックを外し、明るさ設定】



2.使用しないときは画面OFF
バッテリーの消耗を抑えるためにも、操作しないときには電源ボタンを押してバックライトをきることが大切です。エコモード設定があるようならば活用しましょう!

【設定】→【エコモード設定】→【エコモード機能選択】



3.自動回転をOFFにする
スマートフォンの機能の一つに「自動回転」があります。本体を横に倒すと自動的に画面も横画面に切り替わる便利な機能ですが、これも電池を消耗する原因です。電池節約のためにOFFにしときましょう。

【設定】→【画面設定】→【画面の向きのチェックを外す】



4.使わない同期はOffにする
Androidは、バックグランドでも動作しているアプリがあります。この状態になっていると、定期的に情報をネット接続して同期するため、電力を消費してしまいます。リアルタイムで同期しなくなりますが、電力消費を抑えるにはOffにすることが大切です。

【設定】→【アカウントと同期】→【バックグラウンドデータのチェックを外す】





5.アプリの自動アップデートをOffにする
Androidには、アプリの自動アップデートの機能があります。アプリを自動更新してくれるので便利ですが、大量のアプリのアップデートがバックグラウンドで実行されれば、電池の消費が大きくなります。「自動更新を許可」のチェックを外して、なるべく手動でアップデートするようにしましょう。



このエントリーをはてなブックマークに追加