スマートフォンのパケット代を節約する方法

スマートフォンのパケット代って、要領が大きいだけに料金が掛かってしまいます。
しかし、余りパケット通信を利用しない方は、以下の方法でパケット代を節約することができます。

その方法は、
完全にパケット通信しない設定にしてしまう
ことです!
【設定】→【ワイヤレス設定】→【モバイルネットワーク】→【パケット接続】 で、チェックを外します。
こうすると、Androidスマートフォンはパケット通信が出来なくなります。

これは、無線LANのwifi通信をできる環境であることが前提の方法です。
Wi-Fi接続環境にいるときだけ、Webへのアクセスやメール受信が可能な設定にすれば
パケット代はかかりません。
(※外で頻繁にパケット通信を利用するという方には向いてないのでご注意ください!)

デメリットとして、
・無線LANのwifi通信環境が必要
・タイムリーに受信することが難しくなってしまう
・3G、wifi通信の ON / OFF 切り替えの手間がかかる

ということが挙げられます!



SPモードメールの操作方法
SPモードメールはパケット通信必須ですのでデータ通信をOFFにした場合は、
当然、SPモードメールが使えなくなってしまいます。
基本3GはOFFにしてますが、通知エリアににメールのアイコンがついたら、
【3GをON】→【メール問い合わせ】→【メール受信確認】→【3GをOFF】
でメールをチェックします。
メール送信時も送信直前に3GをONにして送信します。


SPモードメールのみ受信させる方法
外出時にspモードのアドレスだけは、今までのように受信する場合の操作方法です。
Webメールやツイッターなどの通信系アプリ、天気予報ウィジェットやRSSリーダーなどの同期をすべてOFFにします。 Gmailやアプリの自動更新も許可しない。

spモードのメールの送受信ができるようにはしておかないといけないので、
許可するアプリはspモードだけに限定した上で、パケット接続を許可します。
手順は、
【spモードのメニュー】→【メール設定】→【受信】→【メール自動受信のチェックを外す】
Wi-Fi接続できたら、spモードのアプリを起動させ、メール問合せをすればよいです。


上のようにパケット代を節約しようとすると、結構面倒です。慣れれば平気ですが・・・(笑)
下表にDocomoのパケット通信プランを簡単に載せていますので参考程度に見てください!!


パケ・ホーダイ ダブルの説明 パケ・ホーダイ ダブル (月額390~5,985円)
あまり使わない月は、月額390円。iモード通信をどんなに使っても月額上限額4,410円! iモードフルブラウザ通信をしてしまうと月額上限額5,985円で利用可能。

パケ・ホーダイ ダブル2の説明 パケ・ホーダイ ダブル2 (月額2,100~5,985円)
最低月額2,100円以外は、パケ・ホーダイ ダブルとほぼ同じ。 ただ、1パケットに対する料金がダブルが0.084円に対し、ダブル2は0.0525円と若干安め。

UIMの説明 パケ・ホーダイ フラット (定額5,460円)
スマートフォン定額通信が使い放題になるパケット定額サービスです。メールやパケット通信、アプリのダウンロードをよくするという人はこのプランがおすすめです☆


パケ代節約をどうがんばってもパケホーダイ シンプル、ダブル、ダブル2のプランの上限5,985円になってしまう場合は、節約はあきらめて、パケ・ホーダイ フラットにしたほうが良いかもしれませんね♪
(※525円安くなります)



このエントリーをはてなブックマークに追加