Androidアプリで稼ぐ4つの方法

Androidアプリ数は、凄い勢い増加しています!そんなアプリビジネスでの稼ぐ方法を紹介したいと思います。
稼ぐ方法といっても裏技的な方法ではなく、一般的にAndroidアプリで稼ぐには、
「どうのような収益方法があるか?」
というビジネスモデルの基礎についてです。
アプリで稼ぐ4つのビジネスモデルは以下の方法が主になります。



1.アプリの有料販売


アプリを有料で販売する方法で、一番手っ取り早くお金が稼げる方法です。 どこで収入を得るかという仕組み作りをしなくてよいのがメリットですが、アプリの販売競争が過剰になっている今、良いアプリでないとなかなか売上が伸びないというデメリットもあります。



2.アプリ内課金


多くの企業が取り上げている方法です。アプリを無料で配布し、「追加アイテム」「追加機能」を販売して収益化につなげます。デメリットとしては、長期的なスパンで考えないといけないことと、ユーザーが増えなければある程度の収益を得ることが難しいことが挙げられます。



3.広告収入


アプリ内に広告を表示する方法です。表示回数やクリック数が売上につながります。言うなれば携帯版のAdsense(アドセンス)のようなものですね。デメリットとしては、何秒以上表示していないと収益にならないとか、広告在庫が少ないため“広告欄が空白になってしまう”という点です。 しかし、訪問者数によっては、大きな収益が見込めます。



4.定期課金


別名サブクリプッションと呼ばれるビジネスモデルで、一度ユーザーから課金登録をしてもらえば、自動で課金ができるという方法です。定期的にデーターの更新をするアプリには、この課金方法がオススメです。





このエントリーをはてなブックマークに追加